テーマ:地理

【導入-14】 平成30年度入学生の社会科導入資料

 今年度は,以下のような図を用意しました。  地理的分野と歴史的分野で学ぶ対象や見方・考え方を説明するための図です。  周囲にあるのは,何かと学校現場に求められるようになっている○○教育の事例です。  社会は,さまざまな「力」と「力」の助け合い,ぶつかり合いで成り立っています。自然から人間は貴重な水や資源などを得ていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【エネルギー政策-8】 私は「経済性」を最重視します①

 経済性を最重視すると,電源構成はどうなるのが理想なのか。  この作品には生徒が考えた電源構成の割合が示されています。  原子力発電は本当に安いのか?という問いもありますが,原発が止まってから,電気料金がかなり上がっているのも事実です。  原子力発電だけでなく,再生可能エネルギーの割合をかなり高く設定しており,…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【エネルギー政策-6】 私は「環境」を最重視します③

 まちの「安全」を守るアンパンマン。  この生徒は,「安全を大前提とする」というエネルギー政策の基本中の基本も表現してくれました。  最重要なのは「鼻」にあたる「環境」でしょうか。  アンパンマンは,「焼きたて」が最強なのですが,  エネルギー政策を考える上では,「持続可能性」の重視が欠かせないですね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【エネルギー政策-5】 私は「環境」を最重視します②

 この生徒は,環境と自給率を特に重視していることがわかります。  「持続可能な社会」をつくるために,「循環型社会」「自然共生社会」「低炭素社会」にしていくことが重要だという認識が持てたとして,日頃の生活で心がけたり,実行できたりすることは何でしょうか?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【エネルギー政策-4】 「安定性」「環境」「経済性」「自給率」のうち,私は「環境」を最重視します①

 環境を最重視している人ならではの表現方法ですね。  鯉のぼりは,「風力」を利用しています。  日本が排出している二酸化炭素の割合に着目していますが,他の人からは,「3%しか排出していない国が,2%に減らしても,あまり効果がないのではないか」という意見が出されました。  もしあなたなら,こういう意見に対して,ど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【エネルギー政策-2】 私は「安定性」を最重視します②

 この作品は新聞形式になっており,説明の方を優先したかったようです。  原子力発電所の事故によって,中学生の中には「原子力発電には頼りにくい」「不安定だ」という印象が強く残っているようです。  ただし,実際に電源構成を考える段階になると,「原子力発電には頼らない」「脱原発」という選択肢をとりにくくなったようで,資源が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【エネルギー政策-1】 「安定性」「環境」「経済性」「自給率」のうち,私は「安定性」を最重視します①

 日本のエネルギー政策は,安全性を大前提として,自給率,経済効率性の向上,環境適合を同時達成するべく,取組が進められています。  すべての面で欠点を持たないというエネルギー源はありません。ですから,エネルギー源ごとの強みを最大限に発揮し,弱みが補完されるような,多層的なエネルギー供給構造の実現が不可欠とされています。  では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【高校入試問題の問題点-2】 SS過疎地対策問題 

 29年度都立入試の大問3の問3は,SS過疎地の問題が取り上げられていた。  この大問では,「A」という記号が酒田市を示すものとして使われており,「A村」という示し方は不適切であった。  字体が違うから違う場所だ,と言い逃れることも可能だろうが,紛らわしい「A」は使ってはならない記号であった。  さて,この「A…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【高校入試問題の問題点-1】 地理的な知識や技能がほとんどなくても解けてしまう問題 

 入試問題と学校の定期考査問題の違いの一つは,想定外の別解が認められるかどうかにあります。  入試については,どこの自治体でも,「答えがこれしかない」という問題を作成せざるを得ず,そのために,問題が易しすぎる,単純な知識だけで解けてしまう,そういうものになりがちです。  先日行われた平成29年度都立高校入試の問題でも,次のよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【社会科カリキュラム-3】 新学習指導要領(案)の地理的分野の「見方・考え方」と内容との関連

 2月14日に公開された新学習指導要領(案)では,地理的分野の目標で次のような「地理的な見方・考え方」が示された。 >位置や分布,場所,人間と自然環境との相互依存作用,空間的相互依存作用,地域などに着目して,多面的・多角的に考察  これら5つの「着目することがら」は,1992年に国際地理学連合の地理教育委員会が出した「地理教…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【導入-12】 歴史的な見方や考え方

 地理的な見方や考え方のイメージは,以前に次のような図解をご紹介しましたが,歴史的な見方や考え方のイメージもつくってみました。  歴史には時間軸が欠かせませんが,地理のような空間軸がなくてよいというわけではありません。  源頼朝はなぜ鎌倉に幕府を開いたのか?  という問いについては,朝廷はもちろん,奥州藤原…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【身近な地域の調査-6】 もんじゃの町 月島

 もんじゃの店へのインタビューや分布の様子をまとめてくれています。  駄菓子屋や喫茶店が,どのような経緯でもんじゃ屋になったのか。  他の店舗はどのような経緯で増えていったのか。  「自然発生的」とはいっても,他の地域の「町おこし」のヒントがこの月島に眠っているかもしれませんね・・・。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【身近な地域の調査-5】 吉祥寺 人気の秘密

 吉祥寺の魅力をコンパクトにまとめてくれています。  縮尺を示すだけでなく,駅を中心とした同心円を描き,凡例をつけて町の様子を表現してくれているので,地理の専門家の先生がとても気に入ってくれました。  駅周辺の調査として,とても参考になる作品ですね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【身近な地域の調査-4】 蒲田・ビジネスホテル増加の謎

 蒲田にあるビジネスホテルの立地上の好条件は,羽田空港・都心・横浜へのアクセスが抜群によい,ということだそうです。  料金の安さから,修学旅行でもビジネスホテルを利用する学校が増えているようですが,このあたりの統計資料を探してほしいですね。  東京オリンピックのときなどは,仕事で部屋を確保することも難しくなるので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【身近な地域の調査-3】 ブレーメン通り商店街 繁栄の秘密

 「シャッター通り」という言葉に象徴されるように,「商店街」は衰退しているものの代表のように感じられてしまいますが,活気を保っている商店街ももちろんあるわけです。  浅草の仲見世のような特別な場所ではなく,地元の商店街で活気があるところとその理由を調べてみたら,どのようなことがわかるでしょうか。  小学校の「まち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【身近な地域の調査-2】 国分寺崖線の魅力を探る

 「河岸段丘」という地理用語を知るよりも,この「自然」が「産業」「人口・都市」「交通」「生活・文化」「歴史的背景」とどのように結びついているかを考えるような学習がこれからますます求められていきます。  国分寺崖線には, >畑地や樹林地の緑,古墳や神社や寺院などの史跡が多く,富士山や丹沢などの山並みを眺望できる台地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【身近な地域の調査-1】 北千住は美容院激戦区か

 平成27年度の2年生が地理的分野の最後の単元でまとめた「身近な地域の調査」の作品をご紹介していきます。  この作品をご覧いただいた中学生の皆さんには,ぜひ  「私の住んでいる地域では,どんなことが言えるだろう」  「視点を変えると,何か別の答えや疑問が生まれてこないだろうか」  といった考え方をして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【日本地理-59】 関東地方の「備える」活動

 首都直下型地震に備えるために,何ができるかを考えてくれました。  東京で暮らす私たちにとっては,切実な問題です。  水や食料の備蓄は,各家庭で行われているでしょうか。  近所にある大型のショッピングモールでは,4日以降に備蓄してある水や食料を出してくれることになっているそうですが・・・・。  略奪などの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【日本地理-58】 関東地方の「盛り上げる」動き

 都心回帰の動きは,大学のキャンパスにも見られているようですね。  明治大学や法政大学は,タワー型のキャンパスをもっていますが,大阪や名古屋でも建設が進められているそうです。  かつて郊外に移転した大学は,危機感を募らせているところでしょうか・・・。 都心回帰の経済学―集積の利益の実証分析 (シリーズ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【日本地理-57】 東北地方の「つなげる」活動~会津若松市の取り組み

 会津若松市は内陸の都市ですね。    猪苗代湖の西側に会津盆地がありますが,湖に最も近い位置に市街地があります。  鶴ヶ城の場所もここです。  「産業」欄に記してくれた内視鏡の工場ですが,阿賀川の西岸,磐越自動車道の南側に会津オリンパスの北会津工場があります。消化器内視鏡で世界シェア約70%を獲得してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【日本地理-56】 東北地方の「食」と「観光」

 3月26日に,北海道新幹線が開業します。  函館との間には距離がありますが,終点の新函館北斗駅から1つ手前の木古内駅で降りて,道南いさりび鉄道で函館に向かう方法もあるようです。  北海道と本州の人の動きにどのような変化が見られるか。  開業後の動向に注目です。 徹底ガイド! 北海道新幹線まるわか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【日本地理-55】 東北地方~震災によって変化したこと

   歴史を知っていることが,プラスにはたらくときとマイナスにはたらくときのエピソードを紹介してくれています。  東日本大震災が発生した時の,関東地方の人々の動き。  東北地方で,過去に起こった津波の石碑を見て安心してしまった人の悲劇。  地震災害を防ぐ,あるいは減らすには,「安心できる場所」よりも,「より安全な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【日本地理-54】 東北地方における「つなげる」活動

 東日本大震災の震源地を地図で見ると,被害が大きかった地域との関係がよくわかります。  「環境保全」の欄に示された「つなぎ育む森づくり」運動は,東北電力のHPで見つけたのでしょうか。  水力発電所の数は,中部電力が一番多いと思っていたのですが,以外にも東北電力が最多だったのですね。  中部電力が195か所,東北…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【日本地理-53】 東北地方における「耐える」活動

 「歴史の波に耐える」  「やませや大雪など,厳しい気候に耐える」  「東日本大震災に耐える」  「人口減少に耐える」  それぞれの課題への対策をまとめてくれました。  決して現状維持ではなく,前へと進む方策を東北の人と一緒に考えていきたいですね。  「生活・文化」の欄で,「塩分は体を温める」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【日本地理-52】 東北地方の「つなぐ」活動

 東北地方には,宮城県の仙台空港の他,青森県の青森空港,三沢空港,岩手県の花巻空港,秋田県の大館能代空港,秋田空港,山形県の庄内空港,山形空港,福島県の福島空港があります。  これらの空港の周辺では,どのような産業が立地しているでしょうか。 東北地方の各空港の気象特性 (1983年) (仙台管区気象台技術…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【日本地理-51】 東北地方の「造る」活動

 復興の現状をレポートしてくれています。  日本は復興前後で何がどのように変わったのでしょうか。  人口減少はなかなか歯止めをかけるのが難しい変化ですが,もっと簡単に変わることができるのに,きっかけや気づきがないためになかなか変れていないものがないか,考えているところです。  この作品の中にも,ヒントが隠されて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more