テーマ:導入

【導入-14】 平成30年度入学生の社会科導入資料

 今年度は,以下のような図を用意しました。  地理的分野と歴史的分野で学ぶ対象や見方・考え方を説明するための図です。  周囲にあるのは,何かと学校現場に求められるようになっている○○教育の事例です。  社会は,さまざまな「力」と「力」の助け合い,ぶつかり合いで成り立っています。自然から人間は貴重な水や資源などを得ていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【近代-73】 大正~昭和初期のある地方都市のようす

 帝国書院版の歴史教科書に掲載されている,「タイムトラベル」から読みとったことなどを4人班でまとめた作品の例です。    大正時代の歴史の学習の導入で実施しました。  まとめの段階では,この図を見てふり返り,いくつかの「ストーリー」「台本」をつくる,というのが課題になります。  もちろん,この時代らしい会話をわざ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【社会科カリキュラム-1】 21世紀型能力育成のための中学校社会科新カリキュラム

 現在の中学校社会科では,いきなり「地理」と「歴史」の学習が分かれて始まり,「3分野」というより「3科目」があるように思えてしまうカリキュラムになっています。  社会科の究極的な目標の一つが「公民的資質の育成」となっているのはわかるのですが,ほぼ覚えて終わりの「公民的分野」の学習を受験前に行っても,その目標を達成させられる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【導入-13】 「キリギリス型」と「アリ型」の組み合わせで時代の転換期を理解する

 「キリギリス型」人物が活躍できるのは,時代の大きな転換期です。  下に紹介した本では,「アリ型」と「キリギリス型」の対照的な性格を見事にまとめてくれています。  「ストック」のために生きるアリと「フロー」で生きていくキリギリス。  「お金が入ったら使うアリ」と「使ったら入ってくるキリギリス」。    「知…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【導入-12】 歴史的な見方や考え方

 地理的な見方や考え方のイメージは,以前に次のような図解をご紹介しましたが,歴史的な見方や考え方のイメージもつくってみました。  歴史には時間軸が欠かせませんが,地理のような空間軸がなくてよいというわけではありません。  源頼朝はなぜ鎌倉に幕府を開いたのか?  という問いについては,朝廷はもちろん,奥州藤原…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【導入-11】 倒された人たちの歴史を学ぶ?

 この作品は,主に「まんが人物・日本の歴史」(朝日新聞社)と,「歴史能力検定4級歴史基本まとめ・問題集」(山川出版社)をもとに作成してくれたものだそうです。  自由課題として,「歴史の図解」に取り組んでくれた理由は,「中国文明の歴史の図解」がおもしろかったから,ということだそうです。    あらため…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【導入-10】 中1の「縄文~明治時代」図解紹介!

 中学1年生が夏に作成した,「縄文時代」から「明治時代」までの「図解」をご紹介しましょう。  まじりっけなし。  純粋に,小学校で学んだことを,簡単にまとめればこうなる,といういい作品です。  これをもとに,日本の歴史を30分くらい語ることが,中学生でもできるでしょう! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【導入-9】 学習指導要領の改訂の要点に関する資料 

 学習指導要領の社会科・歴史的分野における改訂の要点は,主に次の5点です。 1 「我が国の歴史の大きな流れ」を理解する学習の一層の重視  (1) 「我が国の歴史の大きな流れ」の理解という目標の一層の明確化  (2) 学習内容の構造化と焦点化  (3) 各時代の特色をとらえる学習の新設  (4) 古代までの学習の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【導入-8】 概念図を地理の学習に応用すると?

 歴史の調べ学習シート用の概念図のつくりを,地理の学習に応用すると,上のような図をつくることができます。  平成24年度から,中学校社会科の地理的分野では,日本の諸地域について,まず日本を幾つかの地域に区分し,次のような考察方法をもとにして地域的特色をとらえる学習を行うことになります。  実際には,7地方区分を使って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【導入-7】 概念図をもとに「観光立国」を捉えると?

 歴史の調べ学習シートのもとになっている概念図は,社会に関する様々な課題について,テーマを考えたり,それを追究しようとするときに活用することができます。  たとえば,「観光立国」をどのような視点から考察していけばよいのか,アイデアを記したのが上の図です。  視点と視点とのつながりも視野に入るため,多面的だけでなく,多…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【導入-6】 歴史の調べ学習シート(作品例:勝海舟)

 中学校の歴史学習の導入では,上のような「調べ学習シート」の使い方を説明し,卒業まで,いつでも提出してよい課題にしています。  テーマは自由で,特定の歴史上の人物を取り上げてもいいし,事件や出来事,文化財に関することでもかまいません。  どのような視点で課題をつくればよいかがわかるので,多面的・多角的に歴史を探究する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【導入-5】 日本の歴史の流れを「ケーキ」で表現すると?

 これも,中学校2年生が描いてくれたものです。  いちご=各時代とその間のろうそく=時代の転換期(戦乱等)が歴史の流れですね。  近世から近代への移り変わりは,ふつう「開国→明治新政府の成立」と解釈されるので,「戊辰戦争」などがろうそくの記述として適切かもしれませんが,「日清戦争・日露戦争」を経て,日本が本格的な「近…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【導入-3】 日本の歴史の流れを「簡単な図」で表現すると?

 まず,上の方にある,○と□と▽に注目して下さい。  政治を動かす人が,どんな立場の人かを示しています。 ① まだ大王とよばれていた時代。豪族の力が強かった。   ヤマト政権の時代です。   まだ「統一国家」のかたちをしていなかった。 ② 天皇を中心とした中央集権国家のイメージです。   ピラミッドは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【導入-2】 日本の歴史の流れを「顔」で表現すると

 古代と近代は,「国づくり」をする上で「目標」とする国があったので,「目」の部分になっています。  中世と近世は,武士による政治が行われていた時代で,戦国時代を含め,とても人気がある時代です。  武士の「鼻息」を感じる歴史を学んでいきましょう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【導入-1】 歴史的事象の見方・考え方

 この図は,中学校社会科の歴史的分野の学習を始めるときに説明したものです。  社会をどうとらえたらいいのか。  歴史をどうとらえたらいいのか。  その答えがこの図であるとともに,自らの問いを自分の力で解決していく方法を示した図です。  【図の解説】  図の中央にある,仕事,趣味,交友,人格という4つ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more