テーマ:古代

【古代-49】 人体図で示す古代国家の特色~その6

 平安時代に育ってきた日本独自の文化は,中国文化を「消化」してできた,という説明が教科書でなされています。  そういう意味では,「遣唐使」がお腹の部分に来ていることは納得できますね。  生徒の解説です。 ********************  頭・・・政治は全て天皇の指令などで行われ,天皇から全てが動…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【古代-48】 人体図で示す古代国家の特色~その5

 体全体を支える足を両方とも「農民」とする生徒が多いですが,片方を変えている生徒もいます。  生徒による解説です。 ****************  1 脳をイメージ  体全体の指令台のイメージ     →すべての政策を考え,指示した朝廷にした。  2 心臓をイメージ  体全体に血液を送る,体の中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【古代-47】 人体図で示す古代国家の特色~その4

 体はさまざまな機能が有機的にはたらき合って,全体として調和して活動することができます。  人体図と言えばダビンチの「ウィトルウィウス的人体図」が有名ですが,上の作品のように,三角形をつくって説明できる内容もあるのですね。  生徒による解説です。 ****************  まず,ピラミッド型とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【古代-46】 人体図で示す古代国家の特色~その3

 古代国家づくりは,日本(倭)の人たちだけで成立したかというと,  「それは不可能だっただろう」というのが中学生でも感じていることです。    文字や儒教,仏教,律令をはじめとした「文明」の導入で大きな役割を果たしたのが渡来人,渡来系の人々です。  歴史が下れば,遣隋使や遣唐使,留学僧などが果たした役割ももちろん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【古代-45】 人体図で示す古代国家の特色~その2

 「天皇」を頭(脳)にあてはめる生徒が多かったようです。  以下は生徒による解説です。 ****************  天皇が全体の統治を行う(支配する)ため,脳。  体の大切な臓器(2,3,4)は,国のもとになる都(天皇がいたり,重要人物がいる),律令(すべてのきまりのもととなる),渡来人(いろいろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【古代-44】 人体図で示す古代国家の特色~その1

 平成27年度1年生は,全員でこの人体図による古代国家イメージの表現にチャレンジしてもらいました。  過去に近代で行った人体図,また1クラスだけ試しに作ってもらった古代の人体図は,記入欄が14カ所ありましたが,今回は12カ所に減らしてあります。  正面を向いているイメージなので,左側にあるのが右手です。  あて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【古代-43】 大陸の影響を受けた文化(教科書のまとめ)

 帝国書院歴史教科書36~37ページのまとめです。  大仏の造営,天平文化の特色,歴史書と万葉集がトピックです。  地図を見ると,日本列島のすぐ近くに高度な文化をもった大国があったことの意義がよくわかります。  日本が単なる「周辺の国」の一つだっただけなのかどうか。  『万葉集』に学ぶことができるものは何…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【古代-42】 律令国家でのくらし(教科書のまとめ)

 帝国書院歴史教科書34~35ページのまとめです。  律令国家の成立は,人々の暮らしをどう変えたのでしょうか。  律令国家成立以前の暮らしのイメージがないと,  「良くなったのか」「良くなくなったのか」  「何が新たな負担なのか」が判断できないかもしれませんが・・・。  このページの重要なキーワード…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【古代-40】 ムラがまとまりクニへ(教科書のまとめ)

 帝国書院歴史教科書22~23ページをまとめてくれたノートです。  ○争いを通して広がっていった「クニ」  ○中国の歴史書からわかる「クニ」  ○北海道や南西諸島の歴史(本州・九州・四国とのつながり)  中学校なりの視点を確認しておきましょう。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【古代中国-36】 古代中国の勢力図

 地図を中心にノートをまとめると,面的な広がりのイメージをもちながら当時の様子を理解することができますね。  漢の時代には少しスケールを変えた地図でシルクロードも表現できるとよかったかもしれません。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【古代中国-35】 人の心をつかむ政治

 春秋時代に孔子によって説かれた儒教。  戦国時代の孟子や荀子によって思想形成がなされました。  儒教の影響は,小学校で学ぶ十七条の憲法にも名文主義というかたちで及ぼされています。  日本の歴史との関連に気づけるといいですね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【古代中国-32】 国を治める難しさ

 各王朝の移り変わりを見ていくときの視点が明確ですね。  統制を強めることで国が安定するわけではなく,  人間同士の信頼を強め合うことで国が安定することが理想なのでしょうが・・・。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【古代中国-31】 中国の占いの歴史は?

 中国で占いを担当していた人は,どのような服装をしていたのでしょうか。  また,呪詛の効果?はどのくらいあったのでしょうか。  現代では,古代文明の呪詛にあたるものは何でしょうか。  いろいろと調べたいことがみつかっていきます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【古代中国-30】 流れ図のバリエーション

 ノートは見開きで2ページ使うと横長の長方形,片面では縦長の長方形です。  この形が何か障害になって,ノート作りがうまくいかない子どももいるのでは?  と思うようになりました。  もし,円形のノートがあったら?正方形だったら?三角形だったら?  実際に使ってみると,また新たなデザインが創造されるかもしれま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【古代中国-28】 服装の歴史

 貨幣の移り変わりに興味をもつきっかけとなりそうなまとめノートがありましたが,  こちらの作品は服装へのこだわりが半端ではないですね。  中学校の歴史でも,「蝦夷錦」などが登場してきます。  「龍」と皇帝の関係など,いろいろ調べてみてください。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

【古代中国-27】 一目で「理解度」がわかる図解

 このブログの趣旨にぴったりのノートです。  日本の歴史もこのような図解で表現できるといいですね。  さて,この図解をさらに進化させるポイントはどこにあるでしょう。  ○ 王や皇帝が立っている台の高さ  ○ まわりの都市や国と王朝との関係  世界史(中国史)の本が探せたら,このあたりをさらに深めてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more