テーマ:図解の技能

【エネルギー政策-8】 私は「経済性」を最重視します①

 経済性を最重視すると,電源構成はどうなるのが理想なのか。  この作品には生徒が考えた電源構成の割合が示されています。  原子力発電は本当に安いのか?という問いもありますが,原発が止まってから,電気料金がかなり上がっているのも事実です。  原子力発電だけでなく,再生可能エネルギーの割合をかなり高く設定しており,…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【エネルギー政策-6】 私は「環境」を最重視します③

 まちの「安全」を守るアンパンマン。  この生徒は,「安全を大前提とする」というエネルギー政策の基本中の基本も表現してくれました。  最重要なのは「鼻」にあたる「環境」でしょうか。  アンパンマンは,「焼きたて」が最強なのですが,  エネルギー政策を考える上では,「持続可能性」の重視が欠かせないですね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【エネルギー政策-5】 私は「環境」を最重視します②

 この生徒は,環境と自給率を特に重視していることがわかります。  「持続可能な社会」をつくるために,「循環型社会」「自然共生社会」「低炭素社会」にしていくことが重要だという認識が持てたとして,日頃の生活で心がけたり,実行できたりすることは何でしょうか?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【エネルギー政策-4】 「安定性」「環境」「経済性」「自給率」のうち,私は「環境」を最重視します①

 環境を最重視している人ならではの表現方法ですね。  鯉のぼりは,「風力」を利用しています。  日本が排出している二酸化炭素の割合に着目していますが,他の人からは,「3%しか排出していない国が,2%に減らしても,あまり効果がないのではないか」という意見が出されました。  もしあなたなら,こういう意見に対して,ど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【エネルギー政策-2】 私は「安定性」を最重視します②

 この作品は新聞形式になっており,説明の方を優先したかったようです。  原子力発電所の事故によって,中学生の中には「原子力発電には頼りにくい」「不安定だ」という印象が強く残っているようです。  ただし,実際に電源構成を考える段階になると,「原子力発電には頼らない」「脱原発」という選択肢をとりにくくなったようで,資源が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【エネルギー政策-1】 「安定性」「環境」「経済性」「自給率」のうち,私は「安定性」を最重視します①

 日本のエネルギー政策は,安全性を大前提として,自給率,経済効率性の向上,環境適合を同時達成するべく,取組が進められています。  すべての面で欠点を持たないというエネルギー源はありません。ですから,エネルギー源ごとの強みを最大限に発揮し,弱みが補完されるような,多層的なエネルギー供給構造の実現が不可欠とされています。  では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【近代-73】 大正~昭和初期のある地方都市のようす

 帝国書院版の歴史教科書に掲載されている,「タイムトラベル」から読みとったことなどを4人班でまとめた作品の例です。    大正時代の歴史の学習の導入で実施しました。  まとめの段階では,この図を見てふり返り,いくつかの「ストーリー」「台本」をつくる,というのが課題になります。  もちろん,この時代らしい会話をわざ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【現代-47】 池上彰さんによる図解~資本主義・社会主義・民主主義・独裁

 上の図は,池上彰著『考える力がつく本』(プレジデント社)62頁の図をもとに作成したものです(国名を一部省いてあります)。  民主主義と独裁,資本主義と社会主義が対立しているしくみなので,世界の国々は4つのタイプに分類することができます。  点線の矢印は,ミャンマーが軍事政権に終止符を打ち,急速に民主化を進めているこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【導入-13】 「キリギリス型」と「アリ型」の組み合わせで時代の転換期を理解する

 「キリギリス型」人物が活躍できるのは,時代の大きな転換期です。  下に紹介した本では,「アリ型」と「キリギリス型」の対照的な性格を見事にまとめてくれています。  「ストック」のために生きるアリと「フロー」で生きていくキリギリス。  「お金が入ったら使うアリ」と「使ったら入ってくるキリギリス」。    「知…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【近代-69】 幕末の動きを考えるための板書

 幕末の動きはとても複雑で,特に薩摩藩や長州藩の内部の動きや幕府との関係を捉えようとすると,すぐに混乱してしまいそうです。  今まで,上のような内容を板書しながら説明し,波線部の「なぜ」を考える授業を展開してきましたが,時間がいつもぎりぎりで,説明に終始することが多くなっていました。  生徒の考える時間を確保…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【古代-49】 人体図で示す古代国家の特色~その6

 平安時代に育ってきた日本独自の文化は,中国文化を「消化」してできた,という説明が教科書でなされています。  そういう意味では,「遣唐使」がお腹の部分に来ていることは納得できますね。  生徒の解説です。 ********************  頭・・・政治は全て天皇の指令などで行われ,天皇から全てが動…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【古代-48】 人体図で示す古代国家の特色~その5

 体全体を支える足を両方とも「農民」とする生徒が多いですが,片方を変えている生徒もいます。  生徒による解説です。 ****************  1 脳をイメージ  体全体の指令台のイメージ     →すべての政策を考え,指示した朝廷にした。  2 心臓をイメージ  体全体に血液を送る,体の中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【古代-47】 人体図で示す古代国家の特色~その4

 体はさまざまな機能が有機的にはたらき合って,全体として調和して活動することができます。  人体図と言えばダビンチの「ウィトルウィウス的人体図」が有名ですが,上の作品のように,三角形をつくって説明できる内容もあるのですね。  生徒による解説です。 ****************  まず,ピラミッド型とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【古代-46】 人体図で示す古代国家の特色~その3

 古代国家づくりは,日本(倭)の人たちだけで成立したかというと,  「それは不可能だっただろう」というのが中学生でも感じていることです。    文字や儒教,仏教,律令をはじめとした「文明」の導入で大きな役割を果たしたのが渡来人,渡来系の人々です。  歴史が下れば,遣隋使や遣唐使,留学僧などが果たした役割ももちろん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【古代-45】 人体図で示す古代国家の特色~その2

 「天皇」を頭(脳)にあてはめる生徒が多かったようです。  以下は生徒による解説です。 ****************  天皇が全体の統治を行う(支配する)ため,脳。  体の大切な臓器(2,3,4)は,国のもとになる都(天皇がいたり,重要人物がいる),律令(すべてのきまりのもととなる),渡来人(いろいろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【古代-44】 人体図で示す古代国家の特色~その1

 平成27年度1年生は,全員でこの人体図による古代国家イメージの表現にチャレンジしてもらいました。  過去に近代で行った人体図,また1クラスだけ試しに作ってもらった古代の人体図は,記入欄が14カ所ありましたが,今回は12カ所に減らしてあります。  正面を向いているイメージなので,左側にあるのが右手です。  あて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【古代中国-36】 古代中国の勢力図

 地図を中心にノートをまとめると,面的な広がりのイメージをもちながら当時の様子を理解することができますね。  漢の時代には少しスケールを変えた地図でシルクロードも表現できるとよかったかもしれません。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【古代中国-35】 人の心をつかむ政治

 春秋時代に孔子によって説かれた儒教。  戦国時代の孟子や荀子によって思想形成がなされました。  儒教の影響は,小学校で学ぶ十七条の憲法にも名文主義というかたちで及ぼされています。  日本の歴史との関連に気づけるといいですね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【古代中国-32】 国を治める難しさ

 各王朝の移り変わりを見ていくときの視点が明確ですね。  統制を強めることで国が安定するわけではなく,  人間同士の信頼を強め合うことで国が安定することが理想なのでしょうが・・・。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【古代中国-31】 中国の占いの歴史は?

 中国で占いを担当していた人は,どのような服装をしていたのでしょうか。  また,呪詛の効果?はどのくらいあったのでしょうか。  現代では,古代文明の呪詛にあたるものは何でしょうか。  いろいろと調べたいことがみつかっていきます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more