中学校社会科のアクティブ・ラーニング

アクセスカウンタ

zoom RSS 【身近な地域の調査−2】 国分寺崖線の魅力を探る

<<   作成日時 : 2016/05/08 01:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

画像


 「河岸段丘」という地理用語を知るよりも,この「自然」が「産業」「人口・都市」「交通」「生活・文化」「歴史的背景」とどのように結びついているかを考えるような学習がこれからますます求められていきます。

 国分寺崖線には,

>畑地や樹林地の緑,古墳や神社や寺院などの史跡が多く,富士山や丹沢などの山並みを眺望できる台地

>豊かな自然が残る小河川や湧水池などが多い低地

>崖線のスカイラインを形成する緑地や変化のある坂道,地下水が湧き出ているハケ(崖下)と呼ばれる場所が多く存在する斜面部(台地と低地を結ぶ地域)

 という3つの楽しみ方ができるようです。

画像

画像


 調査を行った中学生は,「国分寺崖線」の魅力を多くの人に知ってもらう取り組みとして,

 小学校の「崖線モデル校づくり」を提案してくれています。

 名前だけだと世田谷区の方にはピンとこないようですので,新しい地名の提案もしてみたらどうでしょう・・・。


にほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 歴史ブログ 日本史へにほんブログ村 教育ブログ 中学校教育へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【身近な地域の調査−2】 国分寺崖線の魅力を探る 中学校社会科のアクティブ・ラーニング/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる