【徳川の平和-7】 幕府の右腕と左腕 

画像


 将軍は「頭脳」を担い,幕府の「右腕」に「藩」「武士道」「侍」が,

 左腕には「権威」をもった「京都」「天皇」「公家」が配置されています。

 江戸幕府の根幹は政治を担う「老中」と税としての「年貢」。

 片方の足が,「町人」と主に町人を担い手とした「文化」であることも特徴的です。

にほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 歴史ブログ 日本史へにほんブログ村 教育ブログ 中学校教育へ

近世の神社と朝廷権威
吉川弘文館
井上 智勝

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 近世の神社と朝廷権威 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

おはよう。
2014年08月14日 16:42
百姓と町人は足となって江戸時代の日本を支えているけれども武士は支えていない、もしかしたら江戸時代は武家政権とはいえないのかもしれませんね。

この記事へのトラックバック